ITインフラの運用サービスとは、何だろう?

Share

DATAHOTEL::SI2 のコアは、マネージドホスティングです。SOC(Security Operation Center)との組み合わせなど、セキュリティ強化を図り、お客様に安心してお使い頂けるITインフラの提供に取り組んでいます。

コアとなっているマネージドホスティング、特に「運用」を簡潔に説明するのは中々難しいものです。そこで、当社の sunny が書いているブログ記事をご覧ください。

「運用は止まれない」とあります。とても重要なことです。僅かなシステム停止が大きな損失につながってしまうケースもあります。“止まれない運用を可能な限り、止めないこと” がITインフラ運用サービスの存在価値だといえます。

あるサービスの運用

それでは、例を用いて運用のことを考えてみましょう。

何らかのサービスを開発したとします。サービスのリリースから終了まで、運用があります。最初の内は開発者が兼務をしたりするケースもありますが、ある程度の規模になってきたときには、運用を専門に行う部隊が必要となります。運用部隊を新規発足する、0 to 1 について考えてみます。

運用部隊の要件と、人数の課題

まず、メンバーです。最少編成をするとして、どの程度の人数が必要かを考えます。

  • 24h・365d の有人監視・運用
  • 少なくとも2人で監視・運用業務に従事(ワンオペ禁止!)
  • メンバーは、最低週休1日

これらの要件に基づいてシフトを組んでみます。

最少編成で「メンバーは5人必要」と、分かりました。
実際にやってみると、かなり無理があると思いますが・・・取りあえず机上の要件は満たせている様に思います。

しかし、ここで要件を見直してみると「24h・365d の有人監視・運用」とあります。運用にあたってトラブルシューティングや、複雑なオペレーションの出来るエンジニアでなくてはなりません。本当に要件を満たすためには「量」だけでなく「質」、つまりメンバーのスキルも重要です。

サービスの発展が成るか否か、運用にかかっています。スキルを持つメンバーを最少編成でも5人。サービスの規模にもよりますが、多くのエンジニアを集め、運用部隊を編成する必要があります。

費用の課題

設備の導入や開発費用を気にする人は多いのですが、運用の費用が計画上曖昧なケースがあります。先ほど述べた通り、サービスを24h・365d で監視・運用するためには最少編成でも5人必要です。1人月=100万円とした場合、毎月最低でも500万円が必要です。サービスが始まってから終わるまで、ずっとです。
※ 簡略化しているので、数値や用語の正確さは無視してください。

仮に「サービスの年間の粗利が 5,000万円」だとします。たくさん粗利が出ました! 頑張りました!!
では、このサービスが黒字?赤字? と聞かれ「たくさん粗利があるから黒字だ」とも言えません。先ほども述べた通り、運用部隊を維持するための費用が必要となります。

ああ・・・残念な結果になってしまいました。

黒字の場合、何の問題もありません。運用部隊を増強し、サービスの更なる発展を目指すことが出来ます。しかし、赤字の場合はサービスの継続が困難になってしまいます。何らかの対策が必要です!

ITインフラ運用サービス

再び運用部隊の要件を確認します。マストなのはこれですね。

  • 24h・365d の有人監視・運用

部分的に無人化・自動化が出来るとは思いますが、現行の技術で全ての運用を無人化するのは難しいでしょう。しかし、運用部隊を編成するとなると最少でも5人が必要です。そこで、ITインフラ運用サービスを使うということも、候補のひとつとして考えてみてください。

  • 定常的な運用をマニュアル化し、実施できる。
  • 障害発生時に原因を調査し、適切な対策を実施できるエンジニアが揃っている。

DATAHOTEL マネージドホスティング は、多くのお客様にご利用いただいているITインフラの構築・運用サービスです。ここまでに述べてきた様な「運用の課題」を実際に解決してきた実績があります。
運用の費用がどの程度になるかはケースバイケースですが、お客様とよく打ち合わせ、最適解のご提案を出来る様に努めて参ります。規模やサービス仕様が流動的な場合、構築・運用に関する不安がある場合などでも、ご相談をいただけますと幸いです。

そして、セキュリティ

しかし、マネージドホスティングにとって、セキュリティは部分的には対応可能なのですが、基本的に運用とは異なる系譜の技術が必要になります。この解決策として、SOC を運営する GSX とのアライアンスを行いました。その結果、誕生したのが DATAHOTEL::SI2 です。

図中ではマネージドサービスとなっています。SSLサーバ証明書ドメインなど、各種管理代行のサービスを含みます。ITインフラの運用サービスについては「こちら」まで、ぜひお気軽にお問い合わせください。

NHN テコラス株式会社 データホテル事業本部マネージドサービス事業部所属。専門はWebセキュリティ。攻撃者の目線でアプリケーションを分析し、Webアプリケーションファイアウォールの設定やセキュアコーディングを行ってきた。現在は DATAHOTEL::SI2 のエンジニア。
Share
▲ ページ先頭へ